最終更新日:2018年3月22日 17時43分

複数画像の掲載方法

複数の画像を表示する場合は、記事名フォルダの中に「images」フォルダを作り、画像を入れて下さい。 記事本文の下に複数画像が表示され、何れかをクリックするとスライドショーを表示します。 article-images images フォルダを作成し、画像や動画ファイル(mp4、ogg、webm 及び字幕ファイルの vtt に限ります)を入れて下さい。 article-images-inside 表示順は、「名前の順」となりますので、適宜リネーム(例 01.jpg、02.jpg…)しておくと良いでしょう。 画像数が多い場合は、複数ページに分かれて表示されます。 1ページあたりの表示枚数の設定は includes/config.php で行って下さい。

キャプション

また、以下のように、GIMP で JPEG を書き出す際に、「詳細設定」の「コメント欄」に文章を入力すると、その内容をキャプションとして表示することができます。 gimp-caption 文章に改行を入れると、キャプションにも反映されますので、読み易くなるように改行を入れると良いでしょう。 caption

サムネイル

他にも、以下のように、GIMP で JPEG を書き出す際に、「詳細設定」の「サムネイルの保存(T)」にチェックを入れたもの、または、元々の画像にサムネイルが保存されているものは、縮小画像を表示することができます。但し、config.php の $use_thumbnailstrue となっている必要があります。 gimp-thumbnails

表示例

ここから下が、images フォルダ内の画像となります。因みに、ここから上の画像は単独画像の掲載方法を使用しているため、画像枚数はカウントされていません。 また、下の画像は、サムネイルが「保存されているもの」と「保存されていないもの」の2種類を用意し、かつ config.php の $use_thumbnails を true としているため、縮小表示と通常表示に分かれていますが、記事の文中に <?$use_thumbnails=false?> と記述し、通常表示に統一することもできます。

類似する記事

背景画像の掲載方法 - 85%
単独画像の掲載方法 - 78%
カウンターの設置方法 - 39%

シェア