最終更新日:2019年2月27日 15時49分

トップページについて

contents フォルダ直下に index.html がある場合、その内容をトップページに表示します。 例) /contents/index.html ※ HTML タグの他、PHP を記述することができます。
index.html がない場合には、各カテゴリの記事を新着順に表示します。 この新着順の表示方法は、/includes/config.php から変更することもできます。
例)   #!contents/index.html and set 1 to 4   $index_type = 1;
$index_type = 1; とした場合は、全カテゴリの記事を新着順に表示し、 $number_of_default_sections でページごとの表示数を指定することができます。 その際、記事フォルダに画像があれば、画像名の順に最初のものが表示されます。
また、$index_type = ●;に、24 の数字を指定した場合は、各カテゴリごとに記事の一覧を表示します。 値によって、カテゴリの並び方(縦並び、横並び)やサムネイルの形状が異なります。 記事の表示数は、$index_items で変更することができます。 以下の記述では、各カテゴリごとに3つの記事を表示します。
例)   #Links per category   $index_items = 3;
記事フォルダにサムネイル付きの画像があれば、名前の順で最初のものが表示されます。詳しくは、下の画像でご確認下さい。

類似する記事

コメントについて - 56%
ソーシャルリンクについて - 55%
特定のページをワイド表示するには - 38%

シェア